PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
東原町遺跡で古銭の壷出土

 県埋蔵文化財調査事業団は16日、国道8号柏崎バイパス建設にかかる市内東原町地内、東原町遺跡の発掘調査で、備蓄銭を大量に納めた壷(つぼ)が出土したことを報道関係者に発表した。同遺跡は遺構や遺物から、主に鎌倉時代後期から戦国時代にかけての中世の集落跡と推定される。備蓄銭と呼ばれる大量に蓄えられた古銭は、珠洲(すず)焼きの壷の中から発見された。県内でこのように大量に確認されたのは4例目、壷の中からは初めて。銀行の金庫のような役割をしていたものと思われ、集落の状況を見極める上でも重要な遺物とされた。

 東原町遺跡の調査面積は約1万3千平方メートル。調査区域が広いため、A、B、C、Dの4区に分け、今年4月から作業を開始した。現在、A区、B区の一部の遺構検出を行い、各区とも上・下2枚の文化層が存在することが分かった。上層は14世紀から江戸時代まで、下層は13世紀を中心とする時代の遺構、遺物が確認されてい る。

 備蓄銭の入った壷はB区東側の上層で確認された。壷は、一辺約50センチ、深さ30センチの円形の土坑に正立した状況で検出された。大きさは口径20センチ、胴部最大径30センチ、器高30センチ。中には古銭がほぼ百枚単位でさし状(ひもに通された状態)にまとまって、口縁部まで詰まって入っていた。口縁部に木片のふたがされていた。

 このほか、上・下層から掘立柱建物、土器だまり、鍛冶(かじ)遺構などが確認された。山本肇調査官は「壷は14世紀前半と推定され、古銭はきちんとまとまっている状況からおよそ1万枚から1万2千万枚、少なくて7千〜8千、多くて1万5千枚以上。中国の宋の時代のものと考えられる」とした。

(2003/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。