PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
法定合併協、1日設置

 西山町議会の臨時会は27日午後、「柏崎刈羽地域合併協議会」(法定協議会)の設置議案と、同協議会の負担金を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案などをいずれも賛成多数で可決した。同日午前の柏崎市と高柳町の議会に続く議決となり、2005年3月までの合併を目指す一市二町による法定協議会が7月1日に設置されることが決まった。

 三富町長は提案理由の説明で「一市二町の枠組みで新市計画の協議を行う合併協議会を設置し、新しい町づくりのために最善の努力をしたい」と述べた。質疑で広川浩一氏は「途中で法定協から抜けることはあり得るのか。事実上、西山町は飛び地のようになる」と計画見直しの考えをただした。町長は「柏崎圏域で合併する考えを変える気はない。町が抜ける事態にならないよう調整していかねばならない」と答えた。

 討論では広川氏が、刈羽村の離脱で当初の枠組みが崩れ、新市の財政シミュレーションも示されていないとし、「刈羽村と足並みをそろえ、検討してもいい。時期尚早だ」と反対した。斎木裕司氏は地方財政を取り巻く厳しさに触れ、「西山町は新市計画の中で少しでも夢を持てるよう、行政、議会が一丸となって進んでいきたい。その前段として合併協議会は必要だ」として賛成を表明した。

(2003/ 6/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。