PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
公共下水道6期事業、管路工事5.8キロ

 市は今年度から第6期の公共下水道事業に入る。計画では、汚水管の敷設工事は4,947メートル。雨水管は875メートルの工事を計画しており、合わせて5,822メートルとなる。

 第6期事業は池の峰、御山町、佐藤池新田、上軽井川、下軽井川など約540世帯を対象に3年間で整備をする。田尻工業団地、総合体育館、野球場、病院、老人ホーム、老人保健施設などが含まれる地域。今年度は下田尻地内から北陸自動車道に沿って幹線工事、池の峰地内、野球場の周辺などで開削工法、推進工法で実施する。ま た、荒浜2地内で300メートル、朝日が丘・南半田、長峰町でも工事を予定している。

 雨水工事は3ヶ所。柳橋町・幸町地内(柏崎駅南側)で四百b、希望が丘地内275メートル、中央町・東本町2地内200メートルとなっている。下田尻では昨年度に引き続き、農業集落排水事業で処理能力を超えた分の公共下水道への接続を資源循環総合補助事業を導入して進めており、230メートルの管路工事を予定している。

 下水道供用区域の拡大に伴い、管路工事の延長は年々短くなっているが、1981年に供用を開始した自然環境浄化センターの改築・増築工事が大きくなっている。今年度は水処理施設三系列増設の機械・電気工事、中央監視制御の改築工事などを実施。汚泥処理施設の改築や増設に向けた実施設計、建物本体の改築診断なども行う。

(2004/ 4/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。