PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
新潟産大が燕工跡地のサテライト利用を検討

 新潟産大はこのほど、今年度閉校となる燕工業高校跡地を来春新設する産業システム学部産業学科のサテライトとして活用する可能性について燕市議会有志の視察を受け、検討を始めた。

 産大側では今年度、燕工を視察したところ、教室の規模や学生食堂の有無など大学の施設、実験設備との違いから現状での利用は不可能と分かった。燕市側との懇談で「現校舎をそのまま転用というわけにはいかない。大学の教育・研究にふさわしい施設に改善、充実させる必要がある」と要望を伝えた。

 吉田学長は「大学、学部の拠点はあくまで柏崎。ものづくり教育、インターンシップ、産学連携などの面から、3、4年次の専門教育を行うサテライトを工業集積地である県央に置きたい」と話す。一方、「大学として財政負担はできない。実現には燕・三条両市をはじめとする県央地域挙げてのバックアップが不可欠」という。

(2005/11/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。