PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
原酒造「越の誉」が関東信越で最優秀賞

 関東信越国税局の第76回酒類鑑評会で8日、市内新橋、原酒造(原吉隆社長)の「越の誉大吟醸」が最優秀賞を受賞した。同社は創業191年。この鑑評会では初の栄誉で、喜びに沸いている。

 鑑評会は酒類の品質評価を通じて酒造技術の進歩・発展、品質向上を図るため毎年開かれている。管内6県244の蔵元が各一銘柄を出品。延べ41人の品質評価員が審査を行い、10月の一審、二審、決審で百銘柄が優秀賞、このうち原酒造が最優秀賞に選ばれた。本県からの出品は83、優秀賞は43でいずれも最多。

 管内は多くの銘醸地、名醸蔵があり、受賞は市場で高い評価を受ける。各蔵が原材料を吟味し、最高の技術と情熱を注いだ逸品ぞろいの中、原酒造の最優秀は1814年の創業以来、初の快挙。昨秋仕込んで厳冬を過ごしたことでふくよかな香り、優美な味わいがかもし出された。

(2005/11/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。