PHOTOニュース

柏工―新津工。柏工は2点を追う9回二死2・3塁、大橋の左前適時打で二走・庭山が生還し、5―5に=20日、佐藤池球場 (2021/07/21)


東京五輪に向け、柏崎アクアパークで練習するセルビア、モンテネグロの男子水球チーム=19日 (2021/07/20)


柏崎の水道の歴史、自然の豊かさなどを紹介した「水のふるさと展示室」=上米山コミセン (2021/07/19)

>>過去記事一覧
原子力総合防災訓練始まる

 東京電力柏崎刈羽原発の放射性物質放出事故を想定した今年度原子力総合防災訓練が九日から2日間の日程で始まった。国・県・柏崎市・刈羽村、東電、自衛隊などから約2,600人が参加する。初日は「事故発生」を受けて、市内三和町の県柏崎刈羽原子力防災センターや市役所で初動態勢確立の訓練が行われた。

 原子力総合防災訓練は、JCO事故後の2000年に策定された原子力災害対策特別措置法に基づいて年1回行われており、柏崎刈羽では初めて。昨年計画されたが、中越地震で中止となり、改めて今年度の実施が決まった。県と地元自治体の原子力防災訓練も併せて実施する形だ。

 9日午前11時、柏崎刈羽原発4号機で冷却材喪失事故が発生したとの想定で訓練を開始。防災センターに緊急事態応急対策拠点施設(オフサイトセンター)を立ち上げて、経済産業省原子力安全・保安院の現地職員を中心に通信・連絡や情報収集がスタートした。夕方には政府関係者と専門家なども到着し態勢を拡充する。柏崎刈羽原発では午後から、負傷被ばく者の搬送なども行われる。

(2005/11/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。