PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽原発訴訟、22日に控訴審判決

 東京電力柏崎刈羽原発1号機の原子炉設置許可処分取り消しを求めて、地元原発反対派住民らが経済産業大臣を相手に起こしている行政訴訟・控訴審の判決が22日午後、東京高裁第二十四民事部(大喜多啓光裁判長)で言い渡される。安全審査を適法・合理的とした住民側敗訴の一審判決から11年、提訴から26年が経過。38回に及んだ控訴審の口頭弁論では、安全審査の妥当性をめぐって応酬が展開され、新たな議論が加わった耐震・地盤問題、同原発のトラブル隠しで明らかになった施設のひび割れ多発なども争点となってきた。これらに裁判所がどう判断を下すか注目される。

(2005/11/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。