PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
三行詩コンテストに3,400点余応募

 柏崎日本海ライオンズクラブ(高橋正継会長、会員数53人)が市内の小・中学生に三行詩の作品を募集したところ、締め切りまでに実に3,400点余りが寄せられた。これまで2回の中間審査を経て、18日には最終審査が1日がかりで進められた。

 コンテストは、昨年度に続き2回目。青少年育成委員会(品田彰裕委員長)、三行詩事業委員会(三井田幸一委員長)の事業の一環として、自分の気持ちを三行の詩に込めて表現することで、日本語の持つやさしさ、力強さなどを再発見したり、家族の団らんの場になることを期待した。昨年に続く「家族っていいな」「家庭ってなあに」に加え、「友だちっていいな」「友情ってなあに」をテーマにした。

 応募数は市町合併で高柳・西山の各小・中学校からも新たに参加し、小学生から2,0404点、中学生から1,012点が寄せられた。10月下旬、今月中旬に中間審査を行い、18日は元小学校長で、元市国語研究会長の村山芳正さんを委員長に最終審査を行った。

 1枚1枚の作品をていねいに読み進め、村山委員長は「小学低学年は家庭や家族、高学年から中学生は友だちをテーマにした作品が目立った。昨年と比べ、父親を主役にした作品が増え、ユーモア、温かみのある家庭が想像できた。父親が子供とのかかわりを考え始めた傾向ともうかがえた」と講評した。

 この日決まった優秀作品は12月上旬に柏崎日報紙上で発表。来年1月7日から10日まで、全部の作品をソフィアセンターで展示する。

(2005/11/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。