PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
読書感想文県審査で柏高の2点が全国へ

 第51回青少年読書感想文コンクール(全国学校図書館協議会など主催)高校の部の県審査がこのほど行われ、自由読書の部で柏高1年・猪爪ひろこさんの「沈黙の創造者」が最優秀賞に、同じく力石法子さんの「思いを正しく伝えるために」が優秀賞に選ばれ、中央審査会に送られることになった。同校の県最優秀賞は6年ぶりだ。

 今年は県内8カ校から73点が応募。最優秀1点、優秀2点が全国審査に出品される。今回からジャンルによる3類別はなくなり、自由読書と課題の2部門となった。県内応募はいずれも自由読書。柏高では1年生の夏休みの課題で11点を応募した。同校図書館では「2人とも作品を自分のものとしてとらえている。本もたくさん読み、読解力、表現力がある」と話している。

(2005/11/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。