PHOTOニュース

放射線物質の付着を確かめるスクリーニング訓練。市内の枇杷島地区の人たちが参加した=24日、上越市の直江津港南ふ頭緑地公園 (2020/10/26)


北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)

>>過去記事一覧
津波被害のスリランカに食器セット

 柏崎地域国際化協会の清水由美子事務局長$$53がこのほど、昨年暮れのインド洋大津波で被災したスリランカを訪れ、市内で写真展を行った際に集まった募金約15万円を寄付した。現地は津波で流された家々の跡に住宅建設が始まり、復興の途上。被災住民の希望で募金から現地製造の食器セットを購入し、約45世帯に贈った。

 同協会では、新潟工科大のスリランカ人留学生ジャヤンパットさんが今年3月に一時帰国した際、柏崎からの義援金を託し、現地で必要な物資の購入をしてもらった。写真展はジャヤンパットさんが一時帰国した時に撮影した地震による津波被害の惨状を現地報告として、6月に市民プラザで開いた。その際、来場者から募金箱に温かな手が差し伸べられた。

 当初は寄付金だけを贈る予定でいたが、現地から復興活動の様子を見てほしいとの要請があり、清水事務局長が訪れることになった。

(2005/12/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。