PHOTOニュース

「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)


「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)

>>過去記事一覧
柏崎市の基準宅地価格31.2%下落

 県はこのほど、06年度から3年間の固定資産税(土地)の算定基礎となる市町村の基準宅地価格(路線価)の改定を決めた。柏崎市は前回03年度より31.2%下落、刈羽村は15.0%下落し、下落幅は市が5.5ポイント、村は12.1ポイント広がった。

 基準宅地は市町村の標準宅地の中で1平方メートル当たりの価格が最高の宅地。固定資産税の3年に一度の評価替えに伴い、改定される。05年1月1日を価格調査基準日とし、地価公示価格や不動産鑑定士等による評価の7割をめどに均衡、適正化を図っている。06年度評価替えに際しては03年度同様、7月1日までの地価下落も反映させる。

(2005/12/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。