PHOTOニュース

県内外の家族連れらでにぎわう番神海水浴場=1日 (2021/08/02)


ふるさとで2度目の個展を開く吉田信夫さん。開催に向け、準備を進める=市内北条 (2021/07/31)


防護服を着て、飲料水の採取方法などを確認する訓練参加者=29日、市内三和町の県放射線監視センター (2021/07/30)

>>過去記事一覧
刈羽村議会で村長、新大との協定締結努力を表明

 刈羽村議会は14日、12月定例会初日の本会議を開き、会期を16日までの3日間と決めた後、7人が一般質問に立った。品田村長は午前の答弁で、教育、学術、医療などをめぐり年内締結を目指していた新潟大との地域連携協定締結にはまだ時間がかかるとの見通しを示し、「今年度中の締結を働き掛けたい」と答えた。村は04年度、陽子線がん治療施設の立地可能性調査に300万円を計上。今年度の施政方針で品田村長は新潟大との産学地域連携を進めることを表明していた。

(2005/12/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。