PHOTOニュース

真剣な表情で、自分の卒業証書となる和紙をすく高柳小6年生=21日、市内高柳町門出 (2021/01/22)


新型コロナウイルス収束、地域の安泰や健康を祈願した大寒水行=20日、市内藤井の妙覚寺 (2021/01/21)


桜井市長に目録を贈呈した信金中央金庫の山田所長(中央)、小出理事長(右)=19日、市役所応接室1 (2021/01/20)

>>過去記事一覧
公共施設の指定管理者になった観レク公社が辞令交付

 1日から新年度がスタートした。土曜日と重なったものの、市内ではようやく訪れた春の日差しに包まれながら、入社式を行う事業所もあった。市観光レクリエーション振興公社(棚橋二三男理事長)は市内22の公共施設の指定管理者になり、辞令交付式を産文会館で行った。一層のサービス向上に向けて、新たな歴史の一歩を踏み出した。

 辞令交付を受けたのは9人。式には各施設の事業所長らも出席した。棚橋理事長は一人ひとりに辞令を手渡し、「指定管理者制度がきょうから発足する。今までは市役所から委託を受けていた公共施設の管理だったが、この制度は自ら手を挙げて受けた事業だ。一歩前向きに、プロ意識を持ち、自分の仕事に誇りと自信を持って取り組んでほしい」と激励した。

(2006/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。