PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
こどもの時代館が特設舞台をリニューアル

 市内青海川、空想ひみつ基地・こどもの時代館(西村祐次名誉館長、清水明彦館長)で31日から、同館2階の特設舞台の怪獣≠ェ一部リニューアルした。迫力満点の怪獣に、訪れた子供たちは目を見張っている。

 今回のリニューアルではこれまでのペギラ、ケムール人が特設舞台から引退。代わって、鉄鋼ロボット大鉄塊、時空怪獣大龍海などが新たに展示された。精巧に作られた着ぐるみで、大きな姿は圧巻だ。触れる怪獣も1階に並んだ。どれもウルトラマンシリーズで活躍した怪獣だ。同館の開館時間は午前9時から午後5時まで。入館料は小中学生が300円、高校生以上が500円。木曜休館。問い合わせは電話26―2604へ。

(2006/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。