PHOTOニュース

真剣な表情で、自分の卒業証書となる和紙をすく高柳小6年生=21日、市内高柳町門出 (2021/01/22)


新型コロナウイルス収束、地域の安泰や健康を祈願した大寒水行=20日、市内藤井の妙覚寺 (2021/01/21)


桜井市長に目録を贈呈した信金中央金庫の山田所長(中央)、小出理事長(右)=19日、市役所応接室1 (2021/01/20)

>>過去記事一覧
イルカウオッチングがシーズン開幕

 イルカウオッチング事業を主催する柏崎漁業協同組合(村山仁策組合長)と佐渡海峡柏崎観光開発実行委員会(同実行委員長)がシーズン初日の1日、柏崎港西ふ頭で安全祈願祭を行った。イルカウオッチングは今年で3年目。年々人気が増し、今年は柏崎漁協所属の船十隻とNPO法人エヌ・ジー・ケー・ワールドのパワーボート1隻が運航する。

 イルカウオッチングは毎週土・日曜日と祝日に運航。10人以上まとまればウイークデーでも出航する。すべて予約制で、申し込みは事務局(電話24―0222)へ。運航は午前9時からで所要時間は約1時間半。発着場所は柏崎港西ふ頭。料金は大人4000円、小学生以下2000円。

(2006/ 4/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。