PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
刈羽郡病院が痛み外来を開設

 市内北半田2、刈羽郡総合病院(小林勲院長)は常勤の麻酔科医が3年ぶりに着任したことに伴い、今月から「痛み外来(ペインクリニック科)」を開設した。初診は当面、月曜から金曜の午前9時から10時。

 担当の麻酔科部長は矢島直(ちょく)医師(58)。東京都出身。東大医学部卒。同付属病院で外来医長を8年務め、昨秋から非常勤で柏崎に通った。日本ペインクリニック学会認定医。

 外来の対象はさまざまな痛みと関連疾患。慢性的な痛みには事故による頸椎(けいつい)ねんざ、ギックリ腰や椎(つい)間板ヘルニアなどがある。また、高齢者に多いのが帯状疱疹(ほうしん)後の神経痛。帯状疱疹は過労、ストレスなどによる免疫機能の低下でかかりやすい。若い人は治ることが多いが、高齢者は特有のピリピリ感が続く。世界的な治療テーマの一つで、早期診断・治療が必要だ。

(2006/ 4/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。