PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
高柳門出の和紙工房でで21日から「きがみ展」

 市内高柳町門出にある「高志(こし)の生紙(きがみ)工房」(越後門出和紙・小林康生さん)で21日から5月7日まで、第2回「きがみ市」が開かれる。厚さや色合いが異なり、製品にはならなかった個性%Iな紙の販売、和紙の壁張り体験などユニークな内容だ。時間は午前9時から午後5時まで。見学の入場は無料。

 「きがみ市」は工房開設2周年を記念した企画。厚さが異なったり、自然乾燥の際に太陽が陰って微妙に色が違ってしまったために、製品としては数がまとまらなかった紙などちょっと惜しい紙≠特別価格で販売。他の商品も通常より安くする。最近、住宅の壁に和紙を張りたいという人が増えていることから、4月23・29・30日と5月7日に初心者向けの壁張り体験教室を開く。

(2006/ 4/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。