PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
高柳・門出の棚田で消雪促進に炭まき

 全国でも珍しいひし形の棚田として日本の棚田百1.5トンの炭をまく作業が行われた。豪雪支援物資として熊本県から送られてきた炭で、送り主と地域の人たちとの共同作業で散布した。

 炭を送ってきたのは、熊本県の南部、芦北町にある地域おこし施設・古石交流館みどりの里の溝口秀士さん(49)と仲間たち。溝口さんは炭焼きをしながら、炭の多様な効果を世界に普及したいと、指導活動を進めている。今冬、豪雪のニュースが伝えられる中、消雪の促進に炭を使ってほしいと送り先を探したところ、芦北町に隣接する水俣市の地域おこし施設・愛林館の紹介で高柳を知ったという。大型トラックに積まれて高柳に届いた炭は、竹やもみ殻を焼き、細かく砕いたもので、溝口さんら7人も飛行機と鉄道で高柳を訪れた。

(2006/ 4/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。