PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
植木孝二さんの追悼展、26日から藤沢市で

 市内貝渕出身で、神奈川県藤沢市在住の高校美術教師だった故植木孝二さんの彫刻・絵画などを展示する追悼展が26日から30日まで、同市のギャラリーヒラワタで開かれる。

 植木さんは柏高(25回)から新大教育学部卒。神奈川県内の高校で美術教師として生徒を指導しながら、独特の温かみを感じさせる人物彫刻などを作り続けた。藤沢西高在職中の昨年4月、食道がんのため50歳で死去。2003年8月に、柏高時代の同級生で市内栄町の造形作家・伊藤剰さんとの「二人展」(同実行委員会主催)が柏崎で開かれたのが最後の展覧会となった。

 追悼展は、植木さんを慕っていたかつての教え子たちが1周忌に合わせて企画した。

(2006/ 4/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。