PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
イチゴ「越後姫」の収穫がピーク

 市内宮之窪、市農業振興公社が栽培を進めているイチゴ「越後姫」の収穫がピークを迎えている。気温が高くなり、甘さも増して、今が一番おいしい季節だ。

 農業政策が大きく変わる中、稲作と園芸を組み合わせた経営をどう進めていくかは農家・生産組織にとって大きな課題。同公社では農家などから参考にしてもらうため、育苗パイプハウスを利用して切り花やトマトなどの試験栽培に取り組んできており、県の推奨イチゴ「越後姫」もその一つ。県柏崎地域振興局農業振興部の指導を受け、作業姿勢が楽な高設栽培を採用し、昨年秋、330株のイチゴの苗を定植。2月から出荷が始まった。

 今冬は大雪で、ハウス内の気温を保つのに苦労は多かったが、当初目標にしていた「3月末までの2カ月で30キロの収穫」をクリア。気温が高くなるにつれ、収穫量も多くなり、このほど55キロを突破。甘さもさらにアップした。

(2006/ 4/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。