PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
今年のぎおんまつり、花火は一層大型に

 ぎおん柏崎まつり協賛会(会長・会田市長)は9日、柏崎商工会議所で2006年度総会を開き、本年度の行事計画・予算を決めた。まつり検討委員会のまとめた「原則雨天決行」の花火大会実施基準は原案通り承認された。

 今年は例年通り7月24日から26日までの期間、マーチングパレード(24日)、民謡街頭流し(24日)、港まつり(25日)、たる仁和賀(25日)、大花火大会(26日)を計画している。

 予算収入は前年比647万円増の8007万円。市の負担金が100万円減額となる中で花火の募集で550万円、花火桟敷会計からの繰り入れで100万円の増収。

 支出では花火の打ち上げ費用が前年比650万円増の5950万円と一層大型になる。三尺玉2発同時打ち上げを新規に試みるほか、尺玉300連発、尺玉100発一斉打ち上げ、海中大スターマインなども例年通り行い、柏崎独自色を強く打ち出す。

(2006/ 5/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。