PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
指定管理者制度で管理・運営の柏崎マリーナが料金引き下げ

 市内東の輪町、県柏崎マリーナは開港15年が過ぎ、業務を受託してきた柏崎マリン開発(植木馨社長)が今年度から指定管理者として管理運営する。艇の保管料を約1割引き下げ、民間手法でさらにサービス向上を目指す。

 柏崎マリーナは県が総事業費54億円で整備し、1990年7月に開港した。県は今年度、県営16施設について公募で指定管理者を選定。マリーナは開港以来、専門サービス業務を受託してきた柏崎マリン開発が2011年3月末までの5年間、指定管理者に選ばれた。

 保管料は4月から陸上、さん橋係留、ラック積みとも約1割、その他の料金も一部引き下げた。一括前納では5%還元する。公募で指定管理者を選定した県の有料九施設のうち、3施設が料金値下げに踏み切った。柏崎マリン開発は利用料金収入のみでマリーナ運営を図り、保管艇数の増加、稼働率向上を目指す。

(2006/ 5/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。