PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
工科大の救助ロボ、学会賞受け世界大会へ

 北九州市でこのほど行われたロボカップジャパンオープン(ロボカップ日本委員会など主催)で、新潟工科大機械制御システム工学科の大金研究室とロボット研究部のチーム「NIIT―BLUE」が災害救助のレスキュー部門に出場し、計測自動制御学会賞を受けた。工科大は6月にドイツで開かれる世界大会に出場する。

 工科大は従来の無限軌道クローラー型を踏まえ、ヘビ型との複合タイプに一新した。すき間に入りやすいように高さ約20センチ、最大幅約30センチのコンパクト設計。ボディは頭、胴、足からなり、頭と胴を起こして腰をひねるなど機動性と視界の高さを実現した。無線操作で動き、画像、音声、温度、障害物との距離などの情報から捜索する。

 学生らは昨年末に構想を固め、今春の卒業生とソフト、ハード、機構を分担して製作した。大会では無線トラブルから予選敗退だったが、斬新な移動機構、高い移動能力が評価された。

(2006/ 5/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。