PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎労働基準協会は当面存続、委員会の設置検討

 柏崎労働基準協会(会長=藤田達生・リケン柏崎事業所長)は16日、今年度定期総会を岬館で開いた。柏崎労働基準監督署が今年度で廃止され、長岡の監督署に統合される方針を受け、協会を当面存続し、今後の方向は委員会を設けて検討することを決めた。

 藤田会長はあいさつで「協会は市、商工会議所と連携し、署存続の嘆願書を出したが、(新潟労働局の方針)変更はないとのことで、『相談センター』を開設するとの回答を得ている」と報告した。前年度の技能講習、特別教育の参加者は約830人。加入事業所は前年度末で515社。議事では三部会の06年度事業計画案、予算案などを承認した。協会は署の廃止後も当面存続し、将来に向けて委員会を設け、検討する。委員会の態勢、設置時期などは理事会に一任することを承認した。

(2006/ 5/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。