PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
東京ネスパスで市内2小学校が米づくりなど発表

 東京・表参道にある新潟館ネスパスでこのほど、高柳小(布施正史校長)、南鯖石小(建部朝美校長)の5・6年生がそれぞれ学校で取り組んでいる米づくりや地域の話題を都会の児童に紹介した。また、市内別俣地区の田んぼの分校の人たちが都内の小学生の田植え体験を指導した。

 初日には高柳小5・6年生13人、2日目には南鯖石小5・6年生19人が交流校として参加。高柳小は「狐の夜祭り」の衣装で、学校田での米づくり、棚田の美しさや役割について発表。南鯖石小は5年生が浴衣姿で伝統の「おいな」の踊りを披露。6年生は手作りのハサギの模型、映像を使って学校での稲作の様子を紹介。発泡スチロール箱に雪を入れて持ち込み、都会の児童に喜ばれた。

(2006/ 5/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。