PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
蓮池さん夫妻、子供帰国から2年

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(48)、祐木子さん(50)は22日、子供たちの帰国から丸2年に当たり、「これからも、拉致問題の早期解決のために最大限、尽力していく考えでいる」とするコメントを市役所を通じ発表した。

 長女・重代さん(24)、長男・克也さん(21)は帰国後の2004年6月から新潟産大で日本語を学び、重代さんは同年10月から人文学部3年に編入学。今年9月に卒業予定だ。語学を生かした仕事に就きたいと日本語、英語に磨きをかけている。

 克也さんは産大で科目等履修生として日本語習得などに励み、今年4月、早稲田大理工学部に入学。北朝鮮ではコンピューターを学び、今後は日本で最新技術を学ぶ。

(2006/ 5/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。