PHOTOニュース

2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)


ごみ持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付けを行う県建設業協会柏崎支部青年部会=30日、東の輪海水浴場 (2020/06/30)

>>過去記事一覧
市原子力防災計画を今年度見直し

 市は今年度、原子力防災計画(市地域防災計画原子力災害対策編)の見直しを行う。東京電力柏崎刈羽原発直近の住民避難態勢を一層明確にすることなどを柱にしていく考えだ。

 今回の見直しは、昨年11月に同原発を対象に実施された原子力総合防災訓練も踏まえ、より実効性のある計画を目指す。原発から近い地域の住民避難の態勢では、その範囲、手順、方法、安否確認、広報などについて検討する。すでに庁内で作業に着手しているほか、同様に原発直近地域を抱える刈羽村との事前協議もスタートさせた。

(2006/ 5/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。