PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市が「柏崎らしい景観」を募集

 「とっておきの柏崎らしい景観」をテーマに、市は今年度、景観ガイドマップを作成することになり、広く市民から名称や写真・絵画の募集を始めた。昨年の合併で誕生した新柏崎市にとって、景観によるまちづくりの第一歩。

 国では昨年、景観法を施行し、6月1日を「景観の日」とした。これにより、美しく風格ある景観づくりを国民的運動として推進することを提唱した。柏崎市では景観によるまちづくりの一環として、ガイドマップの作成を計画に盛り込んだ。市民から親しまれる「地域の宝」を収録し、美しい景観を次代に継承したいとの願いを込めた。

 募集は(1)町並み・集落(2)自然環境(3)残したい建物(4)祭り・イベント――の4部門とし、ハードからソフト面まで幅広く対象にした。「柏崎らしい景観」の名称、推薦理由、位置、時期などを書いてもらう。これに合わせ、できれば写真、絵画、短文なども添付してほしいとしている。

 応募締め切りは9月15日(当日消印有効)。

(2006/ 5/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。