PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎美術会が街中30カ所に美術品展示

 柏崎美術会(相沢陽一会長)は30日までに「街中を美術作品で飾ろう運動」として、市内の小中学校、官公庁、金融機関など30カ所に会員の美術作品75点を展示した。この運動を通じて、潤いのあるふるさとづくりを目指す。

 この事業は、同会内に新たに組織した事業部会が担当。昨年末からアンケート調査を繰り返しながら可能性を探ってきた。会員の約半数の70人ほどが作家で、そのうち40人が作品提供を申し出たことから、事業実施を決めた。油絵、日本画、書、写真、彫塑などで、作品数にまだ限りがあるため、公共的な施設に絞って展示を依頼した。

 27・28日に会員が作品を柏崎エネルギーホールに持ち込み、29・30日の両日で展示場所に運んだ。

(2006/ 5/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。