PHOTOニュース

市制施行80周年の歩みを各種資料で振り返ったミニ展示=ソフィアセンター (2020/07/10)


「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)

>>過去記事一覧
全市共通商品券を8月末で販売停止

 協同組合柏崎市商店連合会(中村健一理事長)は20日、柏崎商工会議所で臨時総会を開き、全市共通商品券の販売を今年8月31日で停止することを決めた。停止後、1年間をかけてチラシや催しなどを通じ、積極的に発行済み共通商品券を回収する方針だ。

 同会は1982年12月の設立と同時に地元商店街の振興策となる共通商品券の販売事業を開始。最盛期には取扱額が1億円を超えた時期もあったが、近年では2800万円にまで減少。会員数も350店から170店と減少する中で「その役割を終えた」とし、事業を停止することになった。

(2006/ 6/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。