PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
「十三代目長兵衛」で「ねこ屋敷」展

 市内学校町、ギャラリー「十三代目長兵衛」(曽田文子代表)で30日まで、「ねこ屋敷」展が開かれ、ユニークな作品で楽しませている。

 この企画は、猫好きな曽田代表が長年温めていたもので、「いろんな分野の作家が猫をテーマに取り組んでおり、ぜひ一堂に集めたかった」。曽田代表と、関根哲男さん、佐藤優子さんの市内3人をはじめ、新潟、長岡のほか県外作家も。水彩、油彩、版画など平面作品、流木や布、粘土などさまざまな素材を使った立体作品など約120点が並ぶ。

 中には、フランスの洗濯板、和物のげたに描いた作品が目をひき、「読書猫」「晩酌猫」「笑猫」などの題名にも思わずクスリ。自宅の猫をモデルにした作品だけに、作者のかわいがりぶりが伝わる。

(2006/ 6/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。