PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
労基署廃止で地元が新設相談所継続を要望

 柏崎労働基準監督署の廃止・統合方針に対し、市、柏崎商工会議所などは29日、新潟労働局が設置案を示した「相談所」の運営体制などを明らかにするよう求める要望書を高原正之局長に手渡した。

 要望書は市、商議所、柏崎労働基準協会、建設業労働災害防止協会県支部柏崎分会の連名。同局が3月、署の閉鎖後に設置すると提案した相談所について、「運営体制、取り扱い業務の内容を明らかにし、管内事業者などに周知してほしい」「新設の相談所は継続的に運営し、地元理解のないまま廃止しないでほしい」と求めた。市などは「相談所設置の提案を評価し、署の再編整備はやむを得ない。ただし、柏崎地域の労働行政が後退しないようにしてほしい」としている。

(2006/ 6/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。