PHOTOニュース

柏工―新津工。柏工は2点を追う9回二死2・3塁、大橋の左前適時打で二走・庭山が生還し、5―5に=20日、佐藤池球場 (2021/07/21)


東京五輪に向け、柏崎アクアパークで練習するセルビア、モンテネグロの男子水球チーム=19日 (2021/07/20)


柏崎の水道の歴史、自然の豊かさなどを紹介した「水のふるさと展示室」=上米山コミセン (2021/07/19)

>>過去記事一覧
全国障害者スポーツ大会に柏崎から6選手

 14日から3日間、兵庫県内で開かれる第6回全国障害者スポーツ大会(厚生労働省など主催)に、柏崎からバレーボール、水泳、フライングディスクに6選手が県代表で出場する。選手らは3日、市役所を訪れ、会田市長の激励を受けた。

 大会は、障害のある選手がスポーツの楽しさを体験するとともに、社会参加の推進を目指し、国体の開催地で開かれる。本県からは今春の県障害者スポーツ大会で選ばれた選手53人、役員40人の計93人が参加する。

 柏崎では聴覚障害バレーに加藤良美さん(37)=北陽精工=、水泳に遠藤立公君(16)=高田養護高等部2年=、小菅宏和さん(23)=たいよう作業センター=、フライングディスクに池田裕美子さん(27)=同=、永滝広さん(24)=同=、小山洋さん(27)=同=が参加する。このうち、小菅さん、永滝さんは6年連続6回目、小山さんは五年連続5回目。

(2006/10/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。