PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
産大でフォーラム、全入時代の大学像探る

 新潟産大は8日、公開教育フォーラム「地元新潟産大への期待を語る」を学内で開き、大学と地域の連携などを考えた。

 フォーラムは、大学志願者数と入学定員が同じになる「全入時代」に当たり、大学の将来を考えようと開かれた。司会は相沢陽一・前市教育長。パネラーは石塚延栄(同窓会長)、坂井弘(柏崎商工会議所専務理事)、栗林淳子(市教育委員長)、山崎高美(市小中学校PTA連絡協議会事務局長)、遠藤元男(産大教授)の各氏。

 坂井氏は県内他大学と商議所の提携例を挙げ、地元大学の価値、産業界との交流促進を訴えた。栗林氏は生涯教育の拡充、女子の受け皿作りを求め、「全国の卒業生が学生募集でサポーターになるなど、母校愛で盛り立てて」と提言。山崎氏は「地元大学の有利性、経済性を実業高校にもアピールすべき」と述べた。

(2006/10/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。