PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
花ぞの幼稚園でおもちゃドクターが教室

 物を大切にする心を育てようと、市内新花町、花ぞの幼稚園(河合三喜雄園長、園児数100人)で9日、壊れたおもちゃの分解教室が行われた。

 教室は柏崎おもちゃドクター連絡会(生田道夫会長)が昨年、市内の別の幼稚園で初めて開いた。物を大切に、おもちゃの仕組みに興味を持ち、工具の扱い方を学ぼうというねらい。園児9人が会員6人の手ほどきで、夢中になってドライバーを回すうちにあっという間に時間が過ぎた。

 ワニのおもちゃを分解した男の子は歯の仕組みにびっくり。中村流瑠ちゃん(6)は「おもちゃをどう開けるのかなって思ったけれど、楽しかった」と声を弾ませ、会員が中身の基板のコードを抜いてみせると、ハンダごての先から上る煙に「すごい」と驚いた。分解したおもちゃをもう一度組み立てようとあきらめない男の子もいた。

(2006/12/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。