PHOTOニュース

堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)


食用、毒キノコなどを展示した「再発見教室」=市立博物館 (2021/10/21)


フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)

>>過去記事一覧
松波コミュニティが30周年で献立集を製作

 市内の松波コミュニティ振興協議会(渡辺義一会長)がコミュニティ創立30周年を記念して、献立集「いただきます―松波の味百科―」を製作した。地区に昔から伝わる料理を中心に現代風なものも加え、収録のレシピは全部で280種。自主防災訓練で行った非常食の作り方なども盛り込み、若い母親から年配の人まで幅広く使えるのが特徴だ。新春早々の地域内の全世帯に配布された。

 献立集は、食育への関心が高まる中で、30周年記念事業の一環として、2年がかりで構想を温めた。松波の風土に根ざし、昔から親しまれた料理とともに、歴史のひとこまも紹介したいと準備を進めた。市食生活改善推進員協議会長を務める同地区の宮島暢英さん(69)ら食推、コミセン学習部の7人が取り組んだ。地区に呼び掛け、献立も募集した。

(2007/ 1/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。