PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
2007年度県予算、原子力広報センター改修へ

 泉田知事は14日、2007年度の県当初予算案を発表した。一般会計の総額は1兆1767億8000万円で前年当初比2・9%減。新潟市が政令市に移行することに伴う事務委譲分、公債費を除いた一般歳出ベースでは0・6%減で、ほぼ横ばいの予算とした。柏崎関係では荒浜1にある柏崎原子力広報センターの改修工事費などが盛り込まれた。

 会見で知事は、景気回復により増収が見込めるものの、地方交付税で大都市部と地方の格差が広がっていると言及。予算編成では部局長枠を設定して「かゆい所に手が届く」内容を目指したという。施策では、中越地震被災地の「復旧」から「復興」への取り組み、少子化対策など人口減への対応、福祉医療サービスの充実、安全・安心で魅力ある新潟県づくり――など6点を強調。雇用の場確保、福祉・医療、子育て環境など総合的な施策を進めて、若者や団塊世代のUターンを進めたいとした。また、懸案だった県立野球場の建設、携帯電話不感地域解消、危機管理体制の強化、災害に強い県土づくりも重点として掲げた。

(2007/ 2/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。