PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
ふるさと人物館で「勝田忘庵への手紙」展

 市内東本町1、柏崎ふるさと人物館が13日まで、「勝田忘庵(ぼうあん)への手紙―差出人からみる多彩な交流―」展を開き、書簡を通し、新たな研究の素材も提供している。

 勝田忘庵(1876―1962、本名・加一)は29歳で「柏崎日報」の初代主筆、35歳で「越後タイムス」の創刊に携わるなど柏崎言論界を開拓。日本石油で「日本石油史」を編さんした。書画・詩歌・篆刻(てんこく)にも精通した文化人としても知られる。

 展示は、会津八一(歌人)、柳宗悦(民芸)、河合卯之助(陶芸家)、吉野秀雄(歌人)ら市内外の22人の著名人から寄せられたはがき、書簡など200通以上。この中で柳宗悦が勝田忘庵にあてた市内寺院の木じき仏調査に関する封書に、忘庵が所蔵していたと思われる一体の譲渡を依頼したものがあった。また、忘庵が柏崎で始めた中国雑貨、古美術品などを扱う「柏崎商会」を利用していたことをうかがわせた。

(2007/ 5/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。