PHOTOニュース

県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)


グランドオープンした柏崎港に浮かぶ漁菜マーケット「夕海」=11日午前、市内番神1 (2020/07/11)

>>過去記事一覧
新成人フェスに859人出席し、会場に若さと笑顔

 「はたち」の門出を祝う

新成人フェスティバル(市教育委員会主催)が憲法記念日の3日、市総合体育館で行われた。さわやかな五月の風を浴び、859人(男性410人、女性449人)の新成人が集まった。新調のスーツ、和服姿が会場を埋め、若さと晴れやかな雰囲気。新成人たちは式典、アトラクションなどで人生の節目を確かめ合った。

 午前10時半から開かれた式典で会田市長は「目標への道は平たんではない。立ち止まったり、挫折もあるだろうが、自分の夢や目標に向かって、最後まで頑張ってほしい」と述べ、「皆さん一人一人はかけがえのない存在。自分自身を大切に、自信と誇りを持ち、限りない可能性を若い力で大きく切り開いてもらいたい」と期待。「感謝」「思いやり」の2つの言葉を贈った。

(2007/ 5/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。