PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎原発不正問題で3首長が東電に申し入れ

 東京電力柏崎刈羽原発で定期検査の偽装工作や原子炉緊急停止隠ぺいなどの不正が見つかった問題で、泉田知事、会田市長、品田刈羽村長は16日、県庁で勝俣恒久・東電社長に対し、新たな通報窓口設置など原発の安全運転確保に向けた申し入れをした。勝俣社長は「真摯(しんし)に受け止め、前向きな対応を図りたい」と受け入れる考えを示した。

 申し入れでは、先月末の三者会談の内容を踏まえ、東電や協力企業の社員から新たにトラブルなどの通報を受け付ける窓口を県に設置するとし、その情報をもとに東電に調査を依頼して結果を報告することに協力を求めた。また情報を提供しやすい環境づくりとして、自治体と原発の現場レベルとの意見交換などコミュニケーションの場を設けることや、原発の管理に関する測定データの信頼性を確保する監視強化への対応も要請した。

(2007/ 5/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。