PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
住宅応急修理制度利用が3202件に

 会田市長は4日の定例記者会見で、中越沖地震に伴う住宅応急修理制度の利用状況を公表し、3月末の工事完了期限までに市内では国・県の支援を合わせて延べ3202件、金額にして29億4762万円になったとした。

 この制度は、住宅が大規模半壊、半壊に遭い、応急仮設住宅に入居していない世帯に対し、修理費用を施工業者に支給する形で支援するもの。大規模半壊の場合は最大150万円、半壊は100万円。当初は昨年12月末が工事完了期限だったが、被災者、業者の要望もあって延長された。会田市長は「応急修理が必要な住宅の工事はほぼ終わった。今後は本格的な住宅再建が進むと期待している」と述べた。

(2008/ 4/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。