PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
資源物リサイクルセンターが稼働

 市は5日、市内松波4のごみ処理施設「クリーンセンターかしわざき」の敷地内で、資源物リサイクルセンターの開所式を行った。青空の下で会田市長らによるテープカットの後、資源物を搬入する市民の姿が続いた。

 開所式で会田市長は「リサイクルセンターによって、ごみと資源物の一体的な管理ができ、廃棄物、環境についての教育にも活用してもらえる。また、障害者雇用の場としても機能発揮が期待される。大勢の市民から利用してもらい、ごみの減量化、資源の有効利用、環境問題などの拠点施設として大きな機能を果たしてほしい」とあいさつ。

 管理業務を行う社会福祉法人・たいよう福祉会の片桐宣嗣理事長職務代理は障害者の働く場の提供など市の協力に感謝しながら、「ここで働くスタッフは仕事を通して、社会参加、社会貢献に努力してほしい。よい機会・場を与えてもらったことに感謝し、たいよう福祉会の役職員は全力を尽くして努力したい」と述べた。

(2008/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。