PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎翔洋で82人が入学、全学年そろう

 市内北園町、県立柏崎翔洋中等教育学校(島吾郎校長)の入学式が4日、同校体育館で行われた。6期生となる新入生は82人。穏やかな春の日差しを浴びながら、希望に胸を膨らませ、新しい学校生活のスタートを切った。

 同校は、中高一貫で六年制の教育を行う学校として2003年春、県内の公立では2校目、全国では3校目として開校した。6期生は市内を中心に、男子40人、女子42人。これにより116年生まで全学年がそろうことになり、生徒数は475人となる。

 式では島校長が「何ごとにも挑戦し、努力してほしい。スクールポリシーに『チャレンジ・ナウ』という合言葉がある。将来、立派な社会人、家庭人となるため、中・高校生の時にしっかりとした人間の土台を築くことが大切だ」とし、田んぼにある「客土」を例に引き、「しっかりとした自分の『客土』をつくってほしい」と呼び掛けた。

(2008/ 4/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。