PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
半田小児童の俳句を歳時記に

 市内の俳句同好会「畔(あぜ)の会」(大塚広重会長、会員数19人)の編集で、半田小(田村秀一校長)の児童による冊子「俳句歳時記」がこのほどできあがった。財団法人・伝統文化活性化国民協会の支援事業の一環。校内の投句箱に集まった全作品を歳時記仕立てにした。

 「畔の会」は真貝葉月さん(65)=半田2=の指導で勉強会を重ね、100回を数える中で、地域の役に立ちたいと、同校に児童対象の俳句作りの活動を相談した。快い返事をもらい、昨年6月から校内に投句箱を設けた。休み時間などに書けるように、紙と鉛筆を用意し、児童たちから投句してもらった。

 寄せられた作品は「さんまですごはんにのせてたべたいな」「あさがおのたねがだんだんできてくる」など千句以上。「春の山」「えんま市」「運動会」「つらら」「お年玉」など季語によって春、夏、秋、冬、新年に分け、同校独自の俳句の辞書が完成した。  真貝さんは「子どもたちの作品に感性の豊かさを感じ、とうに忘れたものをもう一度振り返る機会になった。中越沖地震の時にも投句があり、勇気づけられ、励まされた」という。

(2008/ 4/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。