PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市内被災世帯の4割近くが再建決まらず

 会田市長は11日に記者会見を行い、中越沖地震を受けて市が3月初旬までに仮設住宅入居者、住宅全壊世帯を対象に実施した「住まいの再建に関する調査」の概要と今後の対応を発表した。アンケートで「被害総額が年収の3倍以上」と答えた世帯が55%に及ぶなど被害は甚大。53%の世帯で「住宅再建の方針が決まり、めどがついた」とした半面、「再建する方針を決めたが、めどが立っていない」「再建の方針がまだ決まっていない・決めかねている」という世帯が合わせて4割近くあることが分かった。

 この調査は2月16日から3月3日にかけ、仮設住宅入居の869世帯と、仮設に入っていないが住宅が全壊した561世帯の計1430世帯を市の部課長級が訪問し、アンケート用紙記入と面談で実施。95%の1346世帯から回答があった。新大災害復興科学センターと共同で、細部についてのまとめを進めている。

(2008/ 4/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。