PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎産ブランド米に期待の田植えへ

 柏崎産のブランド米として期待される早期越路早生(わせ)の田植えが20日から行われる。作付け面積は昨年より約30ヘクタール多い116ヘクタール。県内一早い8月下旬の収穫・出荷を目指す。

 県内の作付けがコシヒカリに集中し、しかも近年は販売不振が伝えられる中、柏崎農協は5年前から「売れる米づくり戦略」の一環として、柏崎地方の伝統品種、越路早生の作付け拡大を提唱している。柏崎地方の気象条件に適して品質も良いことから、他の県内産米が出回る前に、おいしく、値段も手ごろな越路早生を出荷。従来は県内だけの取り扱いだったが、昨年初めて、東京、横浜をエリアとする卸売業者にも出荷した。

 農協には業者から「もっと欲しい」という要望が寄せられたが、確保してある種もみの量から、今年は市内田尻、西中通、北鯖石、中通、西山町、刈羽村の103の農家・法人が116ヘクタールで栽培することになった。農協では3月下旬に種もみをまき、市内や刈羽村内3カ所の育苗ハウスの中で育てており、20日から農家に引き渡す計画だ。

(2008/ 4/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。