PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
国道352号「椎谷トンネル」着工へ

 中越沖地震で全面通行止めとなっている市内椎谷の国道352号で、新たに掘削する仮称「椎谷トンネル」の「新潟側工区」の安全祈願祭が5月14日午前10時半から現地で行われることになった。施工は植木組・本間組特定共同企業体。

 トンネルは全長886メートル、全幅9.5メートルで片側2.5メートルの歩道。観音岬の下を緩やかな曲線でくぐり抜ける。こう配はほとんどない。市内西山町寄りの新潟側工区は47メートル区間の施工。市街地寄り「柏崎側工区」は近く入札が行われ、6月県議会の議決を経て、7月にも着手の予定だ。2009年度中の開通を目指す。全体事業費は約29億円。

 観音岬は日本海に突き出した標高約100メートルの丘陵で、海岸側は浸食によって切り立ったがけが連続。過去にも豪雨で土砂崩れが頻繁に起き、通行止めが繰り返されてきた。

 中越沖地震では西山町側で幅約250メートル、高さ100メートルにわたって崩れ、その後の雨でさらに崩落は大きくなった。推定崩落土砂は約3万立方メートル。斜面のいたるところに亀裂や段差が発生。路面陥没もあり、全面通行止めが続いている。

(2008/ 4/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。