PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
門出で26日から「きがみ市」

 市内高柳町門出の「高志(こし)の生紙(きがみ)工房」(代表・小林康生さん)で26日から5月6日まで、恒例の「きがみ市」を開催する。生紙ギャラリーでは紙漉(す)きの傍ら、型絵染めで門出和紙のカレンダー制作を続けている村田仙三さん(49)によるカレンダー原画展を開く。

 きがみ市は、製造過程で色や厚さが変わり、やや風合いが異なった紙や、個性的な紙、枚数が半端になった紙などを販売するもの。時間は午前9時から午後5時まで。入場は無料。詳しくは同工房(電話31―9130)または門出和紙(電話41―2361)へ。

 門出和紙では1993年から、高柳の四季と和紙づくりの工程をテーマに2種類の型絵染めカレンダーを制作しており、今回、「門出和紙のできるまで」という題名で原画展をきがみ市で行う。こちらの会期は7月20日まで。

(2008/ 4/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。