PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
今年のぎおんまつりの計画・予算決まる

 ぎおん柏崎まつり協賛会(会長・会田市長)の総会が12日、柏崎商工会議所で開かれ、本年度のまつりの行事計画と予算が決まった。昨年は中越沖地震で史上初めてまつりが中止となったが、今年は大花火大会を中心に大型予算を組んで復興にかける市民の意気込みを示したい考えだ。

 祭り行事は例年通り7月24日から26日までマーチングパレード、民謡街頭流し、たる仁和賀パレード、大花火大会を順次行う計画。収入総額は市の負担金が前年に比べて200万円減額となる中、県復興基金から1500万円の助成を得て前年比約1000万円増の9400万円を見込む。

 特に市民の期待が高い大花火大会には前年比100万円増の約6600万円の予算を計上。桟敷事業収入は約450万円増の約3100万円を予定。桟敷席は約3割増やしたが、発売とほぼ同時に完売している。

 一方、中越沖地震の影響で、マーチングパレード、民謡街頭流し、たる仁和賀の会場から西本町とえんま通りが外れる。両地域とも震災で空き地が多く、危険と判断された。ただ、たる仁和賀については参加団体数により西本町1まで延長される可能性がある。

(2008/ 5/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。