PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
潮風マラソンで元気もらい震災復興へ

 「集まれランナー!元気をありがとう」をキャッチフレーズに、中越沖地震からの復興を目指した柏崎潮風マラソン(同マラソン実行委員会主催、石橋勉委員長)が18日、26都府県から過去最多の約1700人のランナーが参加して行われた。沿道では給水サービス、よさこい踊り、笛や太鼓演奏などがにぎやかに繰り広げられ、五月の風を浴びて走るランナーから元気≠もらった。

 フルマラソンの開始を前に、大会長の会田市長は「地震以来全国から寄せられた温かい支援に感謝し、柏崎市がみんなで頑張っている元気な姿を見てもらおうという意気込みで準備を進めた。柏崎の青い海、山の新緑、沿道の自然・風土をたっぷり楽しんでいただき、力強い走りと元気な姿で市民に勇気と励ましを与えてほしい」とあいさつ。

 参加選手を代表し、目黒宏さん(柏崎TC所属)が「潮風を浴び、山々の新緑の景色を満喫しながら、応援の地域住民、大会スタッフに感謝の気持ちを忘れることなく走りたい。笑顔で完走し、被災された方に希望と感動を与えたい」と力強く宣誓した。

(2008/ 5/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。